読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年3月12日

SNS

日記

3月11日になると Twitter の TL 上に「Yahoo! が検索して10円寄付」ってツイートが山のように流れてくる。 正直、そのツイート、リツイートしたアカウント、9割方フォロー解除した。 というか、去年も同じことやってた気がするけど。 んー、どうもああいうのって好きになれない。 偽善でも売名行為でも震災復興の役に立つならいいという気もするんだけど、なんだか気分が乗らない。 検索で寄付するのは気が乗らないけど T ポイントで寄付でもしようかと思ったら、そういう寄付方法はもうやってないのよね。

ツイート (ツイート数 103)

2017年3月11日

日記

Scala の Seq を試すシリーズで foldLeft, foldRight まで来たので、この辺りで使い分けをマスターしとこうと思ったのだが、『すごい Haskell ...』で foldr なら無限リストに対しても使えるよとか書いてて読み直しつつ Scala でも書いてみたが、 Scala じゃ同じコードは動かんかった。 そもそも Scaladoc には無限リストでは処理が帰ってこないと書いてるし。 結局、foldLeft, foldRight の使い分けは結果のコレクションを構築するときの順序を気にする程度で良さそうね。 加算や乗算のような可換な演算なら別に気にする必要なさそうね。


Scalaz とかなら無限 Seq に対しても使えたりするのかな?(確かめるの面倒なのでやらないけど)

すごいHaskellたのしく学ぼう!

すごいHaskellたのしく学ぼう!


ツイート (ツイート数 64)

2017年3月10日

SNS

日記

今まで沖縄基地問題で基地移設反対派を批判してたジャーナリスト(?)が、実際に沖縄へ行って考えが変わったとかいう記事があった。 まぁ、実際に行って考えが変わること自体はいいんだけど、行った日が日曜で反対派の人がほぼいない、みたいなのが何度か出てきて、「それで結論出していあの?」と思ってしまった。 そもそも、日曜以外なら人が居るのかどうか知らないけど。 一説にはメディアが来たときだけ反対派の人が増えるとかってのもあるそうだが。 そう言えば、沖縄戦の記念館またいな所に何故かアウシュビッツの写真か何かが展示されてるらしいけど、それに対するツッコミとかはないんかねぇ。

ツイート (ツイート数 127)

2017年3月9日

プログラミング

日記

Seq に定義されているメソッドを試すシリーズ、個数的に半分くらいのメソッドが終わったけど、やばい、飽きてきたw いやまぁ、最初から途中で飽きるだろうとは思ってたし、正直、メソッドを分類した時点で「もう、いっか・・・」とちょっと思ってたけど。 とは言いつつ、そろそろ fold や scan などなど、関数型の言語では大体使えるけど最初に戸惑いそうなメソッドが出てくるので、ここからが本番みたいなもんだ(と自分に言い聞かせよう)。 foldLeft と foldRight って処理の違いは分かるけど、実際にどう使い分けるかイマイチ分かってないので、ここで理解を深められるといいなぁ。
Scalaスケーラブルプログラミング第3版

Scalaスケーラブルプログラミング第3版


ツイート (ツイート数 123)

2017年3月8日

日記

積ん読になってたブルーバックスの『エントロピーをめぐる冒険』読み始め。 まだ1章も読んでないけど、妙に物語りチックな内容だなぁ。 最初だけかもしれんが。 カルノーサイクルの買るノーの父親カルノーって、ナポレオンと古い知り合いだったのね。 仲が良かったワケでもないようだけど。 というか、カルノーサイクルって、ナポレオンの時代なのね。 蒸気機関は既に発明されてるし、なんか自分の中の時代のイメージがいろいろおかしい…

また、ツイートが100超え… やばい。


ツイート (ツイート数 102)

2017年3月7日

日記

Windows10 での Chromeはてなブログのページ見たとき、はてなブログのヘッダーが運とも寸とも言わなくなる。 新しくページを開いたりリロードしたときはまぁ動くのだが、ページ開いた後別タブ行って、しばらく時間が経ってから戻ってきたときに大体こうなる。 そもそもはてなブログのヘッダーってレスポンス悪いよなぁ。 改善してくんなきかなぁ。


ツイート (ツイート数 84)

2017年3月6日

日記

ブルーバックス『曲線の秘密』ケプラーの法則あたりに立ち返って読み終わった。 意外と(?)分かりやすかったな。 ケプラーケプラーの法則の楕円軌道とか導く頃には既に惑星が太陽の周りを回っていることを認識してたようだけど(当たり前だが)、スティーヴン・ワインバーグの『科学の発見』には周転円の理論を改造して頑張って観測結果のズレを導こうとする理論が載ってたのは何だったんだろうか。 ケプラー以外の誰かがやってたんだっけ? まっ、いっか。

次の1ヶ月のブルーバックスは何読もうかと思案中だけど、積ん読状態(というか埋もれてる)紙本のブルーバックスを何冊か発掘したので、この中のどれかを読もうかな。 今週、妙にお金をドブに捨ててしまったし。

曲線の秘密 自然に潜む数学の真理 (ブルーバックス)

曲線の秘密 自然に潜む数学の真理 (ブルーバックス)

科学の発見

科学の発見


ツイート (ツイート数 96)