2015年7月25日

日記

教育という病?子どもと先生を苦しめる「教育リスク」? (光文社新書)』読み始め。 中盤の体罰あたりまで来たんだけど、部活動中の体罰・過剰鍛錬で生徒が死亡しても(刑事)裁判では教員が罪に問われない(というか起訴すらされない)らしい。 理由は公務員の就労規則によって公務中の責任が教師個人に負わされないということらしい。 でも、最近ネットで話題になってるけど、部活って教師にとってはボランティアにあたるものなので、部活指導中が公務中にはあたらないんじゃないかと思うんだけど・・・ 民事では最高裁まで裁判がいってるそうだけど、それまでの判決ではどういう扱いになってるんだろうか。

ツイート