2015年7月30日

日記

キングダムやら孫子異伝やら三国志やらを読んでると、軍が戦って勢力を広げたり領土を守ったりってことが描かれてるけど、現代(近代)中国の毛沢東の時代も武器は変われど似たようなことをやってたんだなぁと、中国(というか人間)ってそうそう変わるもんではないという感想。 さすがに今では武器を大っぴらに装備して武力侵攻、なんてことしてないけど、南シナ海東シナ海での活動を見てるとむしろ規模を拡大して同じことやってるだけなんだなぁとしみじみ。 日本人としても他人事でもないんけど。

しっかし、中国って共産党一党独裁だけど、社会主義って中国にあった統治方法なのかなぁ。 あれが社会主義かというツッコミはおいといて。 たまたま毛沢東社会主義を建前に中国を統一しただけなのかもしれないけど、なんかもっと中国人の気質にあった統治方法とかありそうな気もする。


ツイート