2015年11月9日

日記

非可換幾何学を使って強い力、電磁気力、弱い力の3つの力を統一できそうだって論文が。phys.org
繰り込みによって3つの結合定数が一致するっていうこのグラフみたいなのは、超対称性をいれた標準模型でよくみるグラフだけど、今回の理論は超対称性を使わずに統一できるって話なのかな? もしそうだと、少なくとも標準模型に対して超対称性を用いるインテンシブはかなりなくなってしまう気がする。 もしくは、超対称性と非可換幾何学はどちらかがもう一方の一般化したものっていう関係なのかも知れない。 まぁともかく、非可換幾何学ってほとんど名前しか知らない状態なので理論の雰囲気だけでも知りたいところ。 量子重力とかリーマン予想にも関係してたような気がするし。
非可換幾何学入門

非可換幾何学入門

理論物理のための 微分幾何学 - 可換幾何学から非可換幾何学へ

理論物理のための 微分幾何学 - 可換幾何学から非可換幾何学へ

幾何学への新しい視点―不確定性と非可換時空 (幾何学をみる)

幾何学への新しい視点―不確定性と非可換時空 (幾何学をみる)



NHK 世界のニュース ザッピング(翌日)

  • 【米 ABC】 駐車場が突然陥没
  • 【米 ABC】 高校アメフトに“勝利の女神”現る
  • 【スペイン TVE】 触れて楽しむ美術館
  • 【英 BBC】 アフガン帰還兵 義足で式典参加
  • 【仏 F2】 どこまでが“フランス製”か
  • 【韓国 KBS】 生物の楽園 保護で復活

ツイート (ツイート数 46)