2015年12月10日

日記

Java の nio でユーザーやグループを指定して ACL パーミッションを設定しようと思い Windows に適当にアカウントを作ろうとしたら、どうも Windows 10 では Guest アカウント的なものすら作れないようで。 あれこれ設定すると Guest アカウントは作れる(一応元から Guest アカウントは存在はしてるみたい)けど、Home エディションではログインができないという・・・ Pro ならできるらしい。 まぁ、当初の目的の nio によるパーミッション設定は、元から存在しているアカウント使えばよかったので、そんなに問題なかったんだけど。

Guest アカウントの設定は

Windows」アイコン右クリック → コンピュータの管理 → ローカルユーザーとグループ

あたりから一応できる。

Cygwin (bash) 等で setfacl コマンドで設定したアクセス許可を nio で開くとどんな ACLパーミッションが設定されているのかはわかったけど、逆に適当に nio でパーミッションを設定して getfacl で見るとどんな設定になるんだろうかと試してみたけど、まぁ適当に対応するような許可が与えられているもよう。 あんまりあれこれ試してないけど、データの読み書きや実行などの許可に重きをおいて設定されているのかな?

Windows 10完全制覇パーフェクト

Windows 10完全制覇パーフェクト


NHK 世界のニュース ザッピング(翌日)

  • 【米 ABC】 贈り物に人気の商品 出火相次ぐ
  • 【仏 F2】 クリスマス向けの経費削減で
  • 【米 ABC】 「モナリザ」のほほ笑み 隠された秘密
  • 【フィリピン ABS-CBN】 水牛泥棒と農民が銃撃戦
  • 【米 CNN】 自動車衝突テスト基準引き上げ
  • 【独 ZDF】 メルケル首相 米紙で“今年の人”に

ツイート (ツイート数 20)