2015年12月29日

日記

ポアンカレ予想』を解決したペレルマンを題材にした『完全なる証明』読了。 最初、もっと数学的な内容があるのかと思ってたけど、予想以上にペレルマンとロシアの数学界についての内容が濃かった。 ロシアの数学オリンピックにかける情熱というのはすごいのねん。 ペレルマンに関わった数学者に対する著者のインタビューがこれでもかってくらいに実行されてて、直接本人に関わってない人間でここまで彼の内面を見た人はいないんじゃなかろうかというでき。 これを踏まえて、もう一度『ポアンカレ予想』の数学をメインにした他の本も読んでみようかな。

訳者あとがきによると、この著者の新刊は「KGB の小物エージェントにすぎなかったプーチンが、どのようにあたらしく勃興したロシアの支配者グループに見出され、権力の座に登ったのか」を明らかにする作品と書かれてて、ちょっと興味津々(笑) 本が完成する前に消されるんじゃ・・・

完全なる証明―100万ドルを拒否した天才数学者 (文春文庫)

完全なる証明―100万ドルを拒否した天才数学者 (文春文庫)

ポアンカレ予想―世紀の謎を掛けた数学者、解き明かした数学者 (ハヤカワ文庫 NF 373 〈数理を愉しむ〉シリーズ)

ポアンカレ予想―世紀の謎を掛けた数学者、解き明かした数学者 (ハヤカワ文庫 NF 373 〈数理を愉しむ〉シリーズ)


ツイート (ツイート数 48)