2016年4月3日

日記

ふと、行列の積の行列式はそれぞれの行列の行列式の積に等しいことを証明しようかと思ったんだけど、そこそこ面倒そうだなぁ。 数学的帰納法でやろうとすると余因子行列とか置換群とかをそれなりにやらないといけないのね。 東京大学出版会線型代数のテキストでは多重線型性を交代性を使ってさらっと導出してる。 「定義から導くこともできるが・・・」と書いてるのでそれをやってみようか。

ところで、最近この線型代数のテキストの改訂版が出たようで。 内容はどの程度変わってるんだろうか。 Amazon の評価は高いね。

齋藤正彦線型代数学

齋藤正彦線型代数学


NHK 世界のメディア ザッピング(翌日)

  • 【スペイン】 “贈り物リスト”王室が初公開
  • 【タイ】 線路ぎりぎり“折りたたみ市場”
  • 【イギリス】 飼育員が母親代わり

ツイート (ツイート数 73)