2016年6月7日

日記

Scalaスケーラブルプログラミング第2版』にはコレクションの説明で List が主に取り上げられてるのでよく List を使ってたけど、やっぱ Seq が使えるところではできるかぎり Seq 使った方がいいんだろうか。 パターンマッチングで :: を使いたいときには、それ以外のところでは Seq を使えても List を使ってたけど、普通に :+ とか +: ってのが Seq 用に使えるようなので、List をあんまり使う必要がなくなってきた。 結局使ってるのは、実装として先頭要素の処理が速い実装を使いたいときか、メソッドの可変長引数の宣言のせいで Seq 引数のメソッドがオーバーロードできない場合くらいか。
Scalaスケーラブルプログラミング第2版

Scalaスケーラブルプログラミング第2版


ツイート (ツイート数 26)