2016年6月14日

日記

順列の生成のコードはそれなりに書けて(まだ『Java によるアルゴリズム事典』に載ってる1つの実装が残ってるけど)、偶置換と奇置換を生成するコードも、符号を事前に計算する実装を使えば特に難しくはなかった。 完全順列はもっと簡単に書けるかと思ったけど、任意の型の Seq を受け取ってそれを並べ替えた Seq (の Seq)を返すのは、使えない要素を覚えておくのが面倒なのでちょっと手間がかかりそう。 でも、番号をタプルとして保持しとけばいいのか・・・。 まぁ、Seq[Int] の完全順列を生成して、それを元に任意の型の Seq を並び替えればそんなに問題なく実装できたけど。

さて、順列関連のコードはそれなりに書けたので、いい加減ブログ記事を書かないと。 それが終わったらやっぱり組合せとか重複順列、重複組合せとかをやる流れだよなぁ。 重複関連のものは『Java によるアルゴリズム事典』には載ってないようなので試行錯誤が必要かな。 そう言えば、巡回軍の方へ進めるという方向性もあるなぁ。 そっちはまた分割とかあるしやること盛り沢山。

Javaによるアルゴリズム事典

Javaによるアルゴリズム事典


ツイート (ツイート数 19)