読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年10月27日

日記

Haskell で無限個の無限リストを扱うコードを Scala で書き換えるコードの続き記事。
waman.hatenablog.com
Scala では末尾再帰しか最適化してくれないので少々書き換えた。 少々アルゴリズムも変えたけど、単に末尾再帰にしただけでは処理が返ってこなかったので、幾分効率的になっているかとは思う。 和集合を作る時点で重複をまとめて削除すればもうちょっとパフォーマンスよくなるかも知れないけど、2問目の問題が解けなくなるのでやめた。

そう言えば、Scala の内包表記的な for 文の使い方はいまいち分からんなぁ。 なんか間違ってる気がするけど動いてるからまぁいっか、的な。

近くのサークル K が商品的にファミマに侵食されてきてるんだが、商品がちょびっとずつ高くなっておる。 食品だと塵も積もれば高くなる的に地味にお金が飛んでいくので悩みモノ。 ちと離れたところにあるスーパーにもうちょっと足繁く通おうか。 でも、行ったら行ったで余計なモノ買ってしまいそうなのだが。

すごいHaskellたのしく学ぼう!

すごいHaskellたのしく学ぼう!

Scalaスケーラブルプログラミング第3版

Scalaスケーラブルプログラミング第3版


ツイート (ツイート数 41)