読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年3月11日

日記

Scala の Seq を試すシリーズで foldLeft, foldRight まで来たので、この辺りで使い分けをマスターしとこうと思ったのだが、『すごい Haskell ...』で foldr なら無限リストに対しても使えるよとか書いてて読み直しつつ Scala でも書いてみたが、 Scala じゃ同じコードは動かんかった。 そもそも Scaladoc には無限リストでは処理が帰ってこないと書いてるし。 結局、foldLeft, foldRight の使い分けは結果のコレクションを構築するときの順序を気にする程度で良さそうね。 加算や乗算のような可換な演算なら別に気にする必要なさそうね。


Scalaz とかなら無限 Seq に対しても使えたりするのかな?(確かめるの面倒なのでやらないけど)

すごいHaskellたのしく学ぼう!

すごいHaskellたのしく学ぼう!


ツイート (ツイート数 64)