読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年4月17日

日記

量子力学で2次元の円形井戸型ポテンシャルの系を解こうとしてるのだが、ベッセルの微分方程式級数解はやっぱり別記事でやった方がよさそうね。 つーか、これって有限の高さのポテンシャルで接続条件とか課せるんだっけ? 無限に高いポテンシャルでもエネルギー準位出すためにはベッセル関数の零点とかやらんといかんのか。 数学公式集に書かれてるけど。 ところで、流体力学ってあんまり真面目にやったことないけど、同じようなことするんだろうか。 電磁気でも同じようなことしそうだし、やっぱりまずは古典的な電磁気学からやった方がよさそうな・・・

なんとなく Kindle で『Quantum Mechanics (Dover Books on Physics)』買った。 日本語版持ってるんだけど。 ちょっとコレクション気分。 まぁ、3000円くらいで1000ポイント還元だから実質2000円くらいだったし、お買い得感半端ない(もうポイント使い切ってしまったがw)。

Quantum Mechanics (Dover Books on Physics)

Quantum Mechanics (Dover Books on Physics)


ツイート (ツイート数 78)